野球好き集まれ!自由気ままな草野球ライフ。

野球好きな男が自由気ままに野球の知識、道具の紹介。自由にブログを更新して参ります。

Top > スポンサー広告 > 野球への意識が変わった中学時代。 エピソード > 野球への意識が変わった中学時代。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球への意識が変わった中学時代。

皆様こんばんは。

どうも野球マニアです。

ここ最近ブログ拍手をいただけるようになり、嬉しい野球マニアです。

コメントが最近、減ってきていますが、皆さんはきっと忙しいと思いますし。
何より、私のくだらなくてつまらない記事を楽しみに待っている方もきっといると思います。
コメントをもらうことより、記事の更新を楽しみにされている方を大切にしていきたいと思います!


コメントは私にとって喜びであり。
記事更新の活力にもなります。
皆さんが「忙しくてそんなヒマねぇよ!」
って、おっしゃると思います。
気が向いたときで構いません。
コメントをしていただけると嬉しいです。



さて、中学時代のエピソードを書かせていただきます。

小学校の頃は4番を打っていてそれなりに活躍をしていました。
中学でも打撃を期待されていましたが・・・。

変化球が全く打てず、苦労していました。

少年野球は基本的にストレートのみです。
1・2の3!
で振れば簡単に打てます。

小学校の頃に4番を打っていてプライドもあったため、監督の言うことを聞かなかったし、中々打てなかった・・・。
中学1年と2年の間に指導していた監督から随分と嫌われていたと思います。(笑)

そんな私に転機がやってくる。
中学2年の2月くらいだったかな??
監督が体調を崩して入院し、1ヶ月くらいいなかった時がありました。

当時コーチをやっていた人が代理監督としてチームの指揮を執っていました。

その人が中学3年の時に監督になるのですが・・・その人から言われたことが私の意識を変えてくれました。


お前はそのままでいい。
俺はお前に打率を求めていない。
ここぞ!っていう場面で打ってくれれば充分だ。
お前の最大の武器は右方向へのバッティングだ。
意外性バッターとして、俺はお前のことを期待している。


私はヒジを痛めてファーストを守るようになりました。
守備だって昔から得意ではありませんでした。
足は遅くて試合の終盤にはいつも代走を送られていました。


その監督に出会えたことで私はレギュラーを死守して。
打撃も改善されて、中学2年の終わり頃には初ホームランを打ちました。
その監督の指示でショートバウンドの捕球練習をして、ミット捌きに自信を持てるようになりました。


いいか??野球マニア。高ーい暴投は野手のエラーだ。ワンバン、ショートバウンドを捕れなきゃファーストであるお前のエラーだ。味方の悪送球を捌いてやるのが、お前のファインプレーだ。横っ飛びキャッチなんかしなくて良い。お前はショーバンを捌け。


こう言われたので、野手の送球をしっかり捕球することに力を入れるようになりました。

この監督のおかげで私は自信がつき、高校でも野球を続けようと思えました。

前の監督のままだったら私はレギュラーを外され、高校でも野球を続けようとも思わなかったでしょうし、サッカーやってたかもしれないですし、ふらふらと不良ぶって両親を困らせていたダメ息子になっていたかもしれないですね。


その監督に出会えたおかげで自分の役割が分かるようになり、右方向へのバッティングに磨きをかけて、チームバッティング、自己犠牲にまっとうした中学時代でした。


セカンドゴロを打ってランナーを進めたり。
送りバントとスクイズもきっちり決めましたし。
ライト方向に犠牲フライをポーンと打ち上げて、打点を稼いだりしてました。


6番打者としては最高のバッターだった。

監督にそう言ってもらえたことがとても嬉しかった。

このことが高校でも4番打者として活躍出来た秘訣だと、今ならそう思えます。



中学時代の監督。(元コーチ)
実際は1年くらいしか指導を受けていませんが、私の中では終身名誉監督です!

この監督のおかげで私は高校でも野球を続けられた。
4番は打点を稼ぐこと。
をモットーにしていた私はレギュラーとしてそれなりに活躍出来ました。
打率は全く気にしていませんでした。
ヒットが無くても犠牲フライを打てば良しとしていました。



野球に対して本気で取り組んでいなかった私を本気にさせた中学野球でした。

正直に言いますが・・・。

中学1・2年の頃に指揮を執っていた監督から多分、嫌われていたと思うので、スタメン落ちもありました。
打てないから。
と、下位打線でやっていた時もあったくらいです。
打てないならキャッチャーやっとれ。
と、しばらくスタメン出場はキャッチャーの時もありました。

まぁ、俗に言う準レギュラーってヤツですね。(笑)



確かに私の中学は(当時ですが)毎年、県大会や大きな大会に出るような強豪校でした。

そのチームでコンスタントに試合に出れたことは凄いですよね。
周りの同級生や先輩や後輩もみんな上手かったですし。
以前紹介した幼馴染みのエースは県選抜に選ばれた程の選手でした。
同じチームのショートを守っていた奴とセンターを守っていた奴も県選抜に選ばれていました。


実は、私もその県選抜のセレクションに参加していました。
私はセンターを守っていた奴と大の仲良しだったので、一緒に参加をしてきましたが・・・・。

やっぱりみんな上手くてバケモノ級の奴もいました。

その時はキャッチャーが少なくて試合でもキャッチャーをやったことがある私がキャッチャーをやりました。

その日は偶然かもしれませんが、肩もヒジも絶好調だった・・・。

キャッチャーのセレクション内容は。
キャッチング。
スローイング。
ワンバンの止め方。
バント処理。

この4つの項目でしたが・・・。
肩ヒジ絶好調の私は俊足ランナーを3人も刺して審査員の目を光らせました。
バント処理も無難にこなし、キャッチングはちーっと失敗しましたが・・・。
ワンバンの止め方はきっちり出来ました。


「意外とアピール出来たからもしかしたらキャッチャーとして県大会選抜に選ばれるかも??」

と、思いましたが・・・。
残念ながら落選・・・・。


まぁ、ダメで元々だったので、イイ勉強になったと、自分に言い聞かせました。

楽しかった思い出が蘇りますね。

友達とバカなこともしましたし。
ス○ートめくりも友達と一緒に遊びでやりましたし。(笑)
修学旅行で好きな女の子をこっそり言い合ったりとか。
友達カップルのデートを尾行ごっこして勝手に男友達で盛り上がったり。



楽しかったなぁ〜。


私、野球マニアが野球選手として大きく成長出来た中学3年間でした。



さて、私のエピソードはこれで終わりにします。


明日のフットサル怪我の無いよう、楽しんでまいります!




ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

野球マニア

Author:野球マニア
野球マニアです。
小~中~高~社会人と野球歴12年です。
野球について楽しくお話が出来たら嬉しい限りです。
自由気ままな生活を更新していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。