野球好き集まれ!自由気ままな草野球ライフ。

野球好きな男が自由気ままに野球の知識、道具の紹介。自由にブログを更新して参ります。

Top > スポンサー広告 > 野球マニア流飛距離の出し方。 野球に関する技術 > 野球マニア流飛距離の出し方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球マニア流飛距離の出し方。

皆さんこんばんは。


どうも野球マニアです。



飛距離の出し方を野球マニア流でお伝えしていきたいと思います。


ボールを飛ばすにはスイングスピードは必要か??
軟式は要りません。

スイングスピードが早すぎるとボールが変形して上手いこと飛んでいきません。

ただし、硬式の場合はボールに回転をかけて飛ばすので、捉えるポイントと、スイングスピードが重要になります。

プロ野球のホームランのスロー映像を見ると・・・。
ボールに回転がかかってスタンドまで行ってますよね??
あれは、プロの選手のえげつないスイングスピードどボールの球速、ボール下を7mmの所をぶっ叩いたボールは回転がかかり、綺麗な放物線を描いてスタンドイン。



軟式では絶対にやっちゃダメですよ!!

情けないくらいのピッチャーフライになります。

ではどうするか??


軟式はバットにボールを乗せて運ぶ感覚が大事です。
スイングスピードはヘロヘロな波を打ってるようなスピードでなければOKです!
軟式は柔らかいので(今の軟式球なら少しは硬くなってますが)プロレベルのスイングスピードではボールが思いっきり変形してスピンが強烈な凡フライ・・・。
ボールを変形させない為にビヨンドマックスという魔法剣が導入されました。



野球マニア流の軟式球の飛ばし方は。

ボールとバットを線で捉えるように打つ。(ボールの軌道に対してバットがフラット、水平になるように打つ)
トスバッティングの感覚で。
後ろを小さく、前を大きく。



要は・・・。


フォロースルーをデカくとりなさい!


スイング。
インパクト。
フォロースルー。


インパクトの瞬間も力は要りません。

フォロースルーをデカくとって、スイング後は片手が離れてしまうくらい、大きくとりましょう!


ボールを遠くへ飛ばしたければ。
後ろを小さく。
フォロースルーをメジャーリーガー並みにデカくとりましょう!



バットを振り切った時に両ヒジがピーンと真っ直ぐ伸び切るくらいのフォロースルーで。

私、野球マニアはフォロースルーを大きくとっています。
バットが飛んでいきそうなくらいのフォロースルー!

その代わり、打率は下がり、三振の数は増えます。


来年はホームランを打ちたい方!
後ろを大きくしても正直、あまり意味ないです。
飛距離を出したいならば、インパクト→両ヒジピーン伸ばしてボールとバットがぶっ飛んでいくくらいのデッカいフォロースルー。


素振りで簡単に出来ます。
ゆっくりゆっくり自分のスイングを確認しながら・・・。

両ヒジが真っ直ぐ伸び切る所で一旦ストップして、頭にインプット。



これを繰り返す。


簡単です。




その代わり、本当に打率は下がりますよ??
空振りと三振の数も増えます。




やる、やらないはあなた次第です。







この記事を読んで実際に飛距離が伸びた方は是非、報告してください!






ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

野球マニア

Author:野球マニア
野球マニアです。
小~中~高~社会人と野球歴12年です。
野球について楽しくお話が出来たら嬉しい限りです。
自由気ままな生活を更新していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。