FC2ブログ

野球好き集まれ!自由気ままな草野球ライフ。

野球好きな男が自由気ままに野球の知識、道具の紹介。自由にブログを更新して参ります。

Top > 試合結果 > 良いこともあれば、悪いこともある

良いこともあれば、悪いこともある

皆様こんばんは!



今日も草野球の試合がありましたので、報告させていただきます。


今日は彼女も来てくれて、彼女の車で球場に向かいました。



急遽、相手チームから電話で練習試合を申し込まれたのですが、みんな来ておりました。




打順は4番で。
ポジションはサードでした。




打撃成績から。

1打席目 空振り三振。
2打席目 レフト前ヒット。
3打席目 空振り三振。
4打席目 右中間へのタイムリー2ベースヒット。(1打点)
5打席目 死球。

ここ最近、三振が増えてますが気にしてても減るものでは無いので、諦めてます。(笑)
自分の豪快なスイングで相手のピッチャーもビビってることでしょう。(笑)




守備機会。

サードゴロ6つ、サードフライ3つ、サードライナーの当たりを2つ処理しました。
送りバントをして来ましたが、チャージを効かせたおかげで2塁を封殺出来ました。
しかし、平凡なサードゴロを弾いてしまったので、そろそろエラーを減らさなければなりません。(汗)




試合が終わったあとで、事件が・・・・。


また彼女とケンカしてしまいました。

ホントに理由はくだらないのですが、食べたいご飯の食い違いでケンカしました。

「野球マニアちゃんお疲れ!ご飯どうする??」
「んー。今日はあっさりした焼き魚定食が食いたいなぁ〜。」
「イヤ!」
「???」

どうやら彼女は魚が嫌いなようで却下されたので、他の食事を考えていましたが、どうしても焼き魚定食が食べたかったので、メニューに悩みました。

「ねぇ、野球マニアちゃん。今日はパスタにしようよ!」
「うーん。今日は麺類の気分じゃないんだわ。」
「えー?なんでよぉ〜?いつもならラーメンとか蕎麦とか食べてんじゃん!」
「俺が米と魚を食いたい日もあるだよ。」
「野球マニアちゃんのバカ!もう知らない!勝手に焼き魚でも食べたら!?」
「そんなに怒らんだっていいんじゃないの?」
「もう早く着替えてよー!お姉ちゃんとご飯食べてくるからもういい。」
「・・・・はい。」



着替えて家まで送ってもらいましたが、車の中でも結構彼女から文句を言われました。

「野球マニアちゃんの食いたい物があたしにはわかんない。」
「その日によって食べたいもんがあるんだからさ〜、そんなに怒るなよ。」
「あたしはパスタの気分だったのに・・・。」
「悪かったよ。もう怒らないで。ね??」
「もう知らないもん。じゃあ、お母さんに言って魚焼いといてもらうから勝手に食べてて。」
「それだったら自分ん家で食うよ。お母さんに悪いじゃんか。」
「ここまで言ってパスタを食べる気にならないの?」
「どうしても焼き魚定食が食べたいからここは譲れない。」


と、バトルをしている間に彼女の家に着きました。

彼女は不機嫌そうにお姉ちゃんとパスタを食べに行ってしまいました。

すると、彼女の弟くんが。
「あっ!野球マニアさん。こんにちはー!姉ちゃんとメシ食いに行かないんすか?」
「よぉ!焼き魚定食が食べたいって言ったら怒られちゃったよ。あはは。」
「あぁ。姉ちゃんは魚嫌いですから仕方ないっすよ。僕も丁度メシにしようと思ってたんで僕と親父とおふくろで良ければ食べてきます??」
「ありがたいけど、大丈夫??」
「いいと思いますけどねぇ・・・。」

と、話してたときにお母さんがやって来て。
「あら!野球マニアくんいらっしゃい。エミとご飯食べないの??いつも一緒に食べてるのに・・・。」

弟くんが「おふくろー。野球マニアさんが焼き魚が食べたいって言ってたんだけど、大丈夫??」

「あら、そうなの??それじゃあ、あの子は一緒に食べてくれないわね。ウチは大丈夫だから良かったら食べて行きなさいな。野球のあとでお腹すいてるでしょ??」

「いいですか?すみません・・。わがままを聞いてもらって・・・。」

「いいのよー。遠慮なんかしないでちょうだい!魚焼いといてあげるから、野球マニアくん先にお風呂入ってサッパリしてきたら??」

「じゃあ、お言葉に甘えさせていただきます。」


お風呂に入らせていただき、4人で仲良くお昼ご飯を食べました。


焼き魚って美味いっすね〜。
早く秋刀魚が食べたい今日この頃。

彼女の親父さんに。
「野球マニアくん。草野球ではどこ守ってるんだい??」
「自分、主にレフトを守ってますね。たまにサードとか、ファースト守ってます。」
「ほーう。レフトかぁ・・・。じゃあ、本職もレフトかい??」
「メインのポジションはファーストなんですけど、まだ若いですし、外野も高校ん時は守ってた経験があるんで、外野に固定されてますね。」
「そうかそうか。まぁ・・・話が変わるんだが・・・。」
「何でしょうか??」
「野球マニアくん、今日エミの機嫌悪かったろう??」
「んー。まぁ、確かに言われてみれば今日はちょっと機嫌悪かったですね。珍しく車出してくれたのに。」
「やっぱりか。スマンなぁ野球マニアくん。機嫌を悪くさせたのはこの俺なんだ。」
「ケンカでもしたんですか??」
「まぁ、そうだな。いつもいつも野球マニアくんに車出させてもらってて、まだ大学生だからお金の面でも多少なりとも野球マニアくんが面倒見てくれてるだろう。昨日な、『いつまでも野球マニアくんに甘えるんじゃない!明日は野球マニアくん草野球だろう??お前が迎えに行ってあげなさい。』って言ったら、『お父さん!あたしは子供じゃないんだからうるさく言わないでよぉ!てか、しつこい!あたしが帰ってくるたんびにいちいち説教しないでよ!』って怒られてしまってな。やっぱり昨日の件で機嫌悪くて野球マニアくんに八つ当たりしてたんだな。」
「そうだったんですか・・・。まぁ、パスタ食べて帰ってきたら機嫌良くなってるんじゃないんすか??」
「スマンなぁ。野球マニアくん。うちの娘が迷惑ばっかかけてしまって・・・。」
「いいんですよ。良く言うじゃないですか?『ケンカするほど仲が良い』って。」
「ハッハッハッハッハッハ。その通りだよな!野球マニアくんみたいな子が彼氏でよかったな。アイツも。」
「あはは。恐縮です。」
「今後もウチの娘がワガママばかり言うかもしれないが、よろしく頼むよ!君なら信頼できるよ。」
「ありがとうございます!今後もお世話になります!」



彼女のお父さんに信頼されて嬉しいですね。はい。

その後も彼女が帰ってくるのを待ちながら弟くんとティーバッティングをしておりました。
彼女の家ですが、まるで我が家のようにくつろいでます。(笑)


夕方の5時過ぎくらいに彼女とお姉ちゃんが帰ってきて、彼女は疲れた。と、言っていたので、彼女のお姉ちゃんに自分の家まで送ってもらいました。




家に帰ってから電話で彼女となんとか仲直りをして、今、ブログを更新しております。




明日は仕事なので、お風呂に入って寝ようと思います。




そろそろ終わりにします。













最後まで閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

こんばんは♪

彼女と仲良しでいいですね☆

思ったことを言い合える仲が一番よいと思います(*^^*)

僕もこれ食べたい!!って時はありまして、譲ってもらうことありました(;´д`)

そういう時以外は和洋中の候補を揃えておいて、
「前の日なに食べた?」
という質問から食べるものを二人で決めてました♪

もう実践されているかもしれませんが、おっさんのボヤキが彼女との仲を保つのに役に立てば幸いですm(__)m

へさをさんへ。


こんばんは。

今日は仕事でしたので、お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。



今の彼女は、高校時代からの同級生で三年間同じクラスでとても仲が良かった子なので、結構思ったことを言い合います。
それがケンカの発端になることも多々ありまして・・・(汗)



自分は、結構気分屋なので、昨日の夜とかに

明日の昼メシは唐揚げがいいな。
と、思っても、当日の昼になったら

今日は寿司食いてぇな。
っていう男ですので、なかなか扱いが自分でも難しいと思います。(笑)


へさをさんの言う通り、食べたいモノリストを頭の中に出しておくのもアリですね。



良い提案を提供してくださりありがとうございます!


次のときにケンカにならないよう、彼女と仲良く、そして一緒にランチを楽しんで参ります!






ありがとうございました。
プロフィール

野球マニア

Author:野球マニア
野球マニアです。
小~中~高~社会人と野球歴12年です。
野球について楽しくお話が出来たら嬉しい限りです。
自由気ままな生活を更新していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR