野球好き集まれ!自由気ままな草野球ライフ。

野球好きな男が自由気ままに野球の知識、道具の紹介。自由にブログを更新して参ります。

Top > スポンサー広告 > バットヘッドの立て方 野球に関する技術 > バットヘッドの立て方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バットヘッドの立て方

皆さんこんにちは。



どうも、野球マニアです。



久しぶりの更新です。
更新出来なかった言い訳は次回の更新でさせていただきます。(笑)



バットヘッドの立て方・・・・。




私がスランプに陥り苦しんでいた原因がバットヘッドが下がったままスイングしていたこと。
アッパースイングを意識し過ぎていたためになってしまったことです。


ヘッドを立てるようにするためには・・・・・。


テニスラケットが1番らしいですが・・・・。

持っていないし、買うのもバカバカしいのでバトミントンのラケットを代用しました。

バトミントン用のシャトルは日々のティーバッティングでミート力をUPさせるために結構前に購入しました。



右バッターの場合、バッティングでは右手が大事になってきますので、ラケットを右手に持ってそのままティーバッティングと同じやり方でシャトルを打ち返します。


ネットに入れるのではなく、ネット下の地面に向かって打つようにします。




トスしてもらうところは顔付近にトスしてもらっています。


何でこんな訳の分からんやり方をしているのかと??
思ってらっしゃる方は多いと思いますが・・・・。


この練習のメインはバットのヘッドを立てること。



普通に打つ練習はバット持ってやればいいので、バトミントン用のラケットを使用している時は自分なりにバットのヘッドが立つように打てばいいのです。


高めは叩きつけて打つ練習には持ってこいです。



奥様が言うには私は元々アッパー気味のスイングをしていたそうです。



硬式野球経験者の私でしたが、高校時代はボールにスピンをかけて打つように上から叩くように意識していたのですが、他の人から見たらアッパースイングだったみたいです。(笑)




なーんだ、元々アッパー気味のスイングだったなら特に気にしないで打てば良かったのか。



しかし、バットヘッドが下がったままでは内野フライの山なので、ラケットを使用した練習は続けておりました。




そしたら、こないだの試合で4安打の大暴れ!!


確か、昔ある解説者のかたがこんなことを言っておりました。
「打ち方に困ったらテニスプレーヤーのボレーの打ち方を参考にするといいんですよ。」


解説者の名前は知りませんが、こんなことを言っていてとても参考になったことは覚えています。


テニス無知の私ですが(笑)
テニスの試合は少しだけ見るようにしています。




皆さんもテニスプレーヤーのラケットの使い方を参考にされてみてはいかがでしょうか??




以上で終わりにしたいと思います。






ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

野球マニア

Author:野球マニア
野球マニアです。
小~中~高~社会人と野球歴12年です。
野球について楽しくお話が出来たら嬉しい限りです。
自由気ままな生活を更新していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。